冷房病|成田駅

皆様こんにちは!
成田駅前整骨院です。

東京都知事選挙の立候補者も出そろい、
ニュースでもたびたび話題に上がっていますね。
日本の中枢東京のリーダーを決める選挙ですし、
4年後の東京五輪もありますので
他県とはいえ誰が都知事になるのか、とても気になります。
立候補者が出そろったところで、
今後は、詳しい政策などのアピールとなっていくので
しっかりと見極めて、選んでほしいなと思います。

さて、毎日暑い日が続いていますが
体調にお変わりはございませんか?

この暑い夏の季節は、スーパー、コンビニ、外食産業などでも
冷たい食べ物、冷たい飲み物が売りに出されますし、
夏バテからの食欲不振で、ついつい食べやすいもの
(冷たいそうめん、うどん、冷製パスタ)
摂取する機会が増えますよね。

しかしながら、この季節は冷房を使用する機会も多く、
それに加えて、冷たい飲み物、食べ物を摂ってばかりいると
体調も崩しやすい季節です。

よく耳にするのが「クーラー病」「冷房病」と呼ばれる名前ですが、
いわゆる「冷房病」という症状名は
正式なものではありません。

しかしながら、実際に夏場の冷房によって不調症状を訴える人はとても多く、
幼児やご高齢者、女性などは特に
冷房の効いた室内にしばらくいて
その後、外の暑い気温にさらされた場合などの、
気温の急激な差が5℃以上ありますと、
身体の体温調節がついていかず、

・肩こり
・頭痛
・腰痛
・胃の痛み
・冷え
・腹痛
・下痢
・便秘

などの症状がお身体に現れてしまうことがあります。

このような急激な寒暖の差は、
冬場でもありますが、
冬にはあたたかい服装をしている為、
夏ほどは”寒暖の差”にさらされずにすみます。

夏に、オフィスワークなどで
冷房のきいた室内に長時間いなければならない時には、
上に羽織るものや、温かい飲み物や食べ物を積極的に摂ること。
また、シャワーだけで済ませずに
しっかりと湯船につかることも大切です。

熱中症予防のためにこまめに水分は補給しながらも
冷房の設定温度を下げすぎないように心がけましょう。

また、普段から、家と学校、家と職場の往復ですと、
中々運動する機会もありませんが、
汗を多少かく程度の運動もおすすめです。

何よりも大切なのは、疲れをためないように
規則正しい整骨院を心がけることです。

成田駅前整骨院
住所:〒286-0034 千葉県成田市馬橋1-18ウエルストンビル1F
電話番号:0476-37-7150

[ 2016年7月14日 ]
お気軽にお問い合わせください
  • 千葉県JR成田駅から徒歩3分、0476-37-7150

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る